長沼・田嶋研究室の特徴

長沼・田嶋研究室は「構造系」の研究室です。
「構造系」の中でも,鉄筋コンクリート(RC)構造に関する研究を行っています。
研究室の特徴は,数値解析を駆使してRC構造に関する諸問題に取り組んでいるところです。

コンピューターの中でRC構造の挙動を再現するためには,「モデル化」が重要です。
特に,崩壊に至るまで複雑な挙動を示すRC構造では,モデル化に対する深い理解が必要です。
このような観点から,RC構造を正しく理解するために,「材料+構造」の考え方を重視しています。
つまり,RC構造のことを知るためには,それを構成する構造部材のことを知る必要があります。
同様に,構造部材のことを知るためには,構成材料,特に「コンクリート」のことを知る必要があります。
「コンクリート」は調合で品質が大きく変化するため,材料構成にも目を向けなければなりません。
さらに,コンクリートを構成するセメントと水の水和反応の結果である組織構造も重要です。

chara.jpg(39858 byte)

長沼・田嶋研究室の研究テーマ

長沼・田嶋研究室では,現在,主に以下の4つのテーマについて研究を行っています。
これらのテーマは,JCI「被災構造物の復旧性能評価研究委員会」での活動に端を発しています。
1. RC構造物の耐震性能評価に関する研究
2. RC構造物の損傷評価に関する研究
3. RC構造物の補修・補強後の耐震性能評価に関する研究
4. RC構造物の材料劣化を考慮した耐震性能評価に関する研究

research.jpg(40555 byte)

最近では,各テーマに対して特に以下に示すような研究を行っています。
1. RC造建物のねじれ抵抗機構に基づくねじれ応答評価(2方向地震動入力,耐力・変形曲線)
2. 損傷スペクトルを用いたRC造建物群に対する損傷確率評価手法の開発(フラジリティ,損傷指標)
3. 鉄骨ブレース補強後RC造建物の耐震性能評価(ブレース座屈,地震応答解析,スリット)
4. 鉄筋腐食や収縮・クリープを考慮したRC造建物の耐震性能評価(鉄筋腐食,収縮,クリープ)

これらの研究以外に,RC構造の分野で曖昧なまま評価されている事柄やあまりよく分からない事象に
興味を持って,それらを解明して理論的な説明をつけるような研究を実施しています。
FA2D
FA2D
構造部材実験
構造部材実験
旅の記録
旅の記録